漫画らぶちっく

漫画やドラマ・映画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

「令和(れいわ)」新元号の出典は万葉集の「梅の花」の歌から

新元号が発表された2019年4月1日午後11時半過ぎ。

 

「令和(れいわ)」

 

と発表され、

 

 

その由来は、万葉集の梅の花の歌32首の序文の文章から引用されたとのことです。

 

梅花の歌三十二首并せて序 天平二年正月十三日に、師の老の宅に萃まりて、宴会を申く。時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す

 

 

昔、大宰師の大伴旅人の邸宅で開かれた宴会の様子を記した序文で、典雅で古式ゆかしい由来がうかがえます。

 


新元号「令和」から受けた第一印象

 

レイワ? 

と聞いたとき、「平和」にかけた言葉なのかあるいは「昭和」→「平成」→「令和」とある種の語呂の良さ?があります。

 

なお、「令」という漢字には

 

「命じる」

 

の意味があり、「令和」には、「和(周囲との和を大事にすること)を命じる」

 

聖徳太子の「和を以て貴しとなす」に通じる意図も感じられます。

 


また、過去の元号は中国の漢文から出典されたもので、今回のように日本古来の書物から由来を得たのは初めてとのこと。

 

いずれにせよ、新しい時代の幕開けにふさわしい、品格のある美しい元号が選ばれて国民として嬉しく思います。

 

より良い時代の始まりを祈念します。