漫画らぶちっく

漫画やドラマ・映画の感想ブログ。

ドラマ「グッドワイフ(日本版)」第1話感想 常盤貴子が19年ぶりの日曜劇場

人気になった海外ドラマが日本版でリメイク! 

ドラマ「グッドワイフ」が19年ぶりに日曜劇場で主演となる常盤貴子さんをはじめとして、小泉孝太郎さんや水原希子さんなど注目俳優でかためられています。

 

専業主婦で16年ものブランクがある主婦だった蓮見杏子が、夫のスキャンダルを機に弁護士として復帰する姿を描くリーガル・サスペンスです。

 

第1話が動画配信されて、「高い完成度!」と絶賛され、実際に視聴して常盤貴子さんの自然体な美しさだったり、演技力に圧倒されました。

 

こちらではお話のあらすじと、感想レビューをしていきます。

 

「グッドワイフ」1 話「#家族の裏切り」のあらすじ

 

主婦・蓮見杏子は、夫である東京地方検察庁の特捜部長・蓮見壮一郎の大スキャンダルをテレビニュースで見守っていた。

夫の汚職疑惑、そして浮気、逮捕。

 

16年間主婦をしていた杏子は、結婚前は優秀な弁護士だった。かつての同期・多田征大のツテで神山多田法律事務所に仮採用してもらい、復帰への足がかりを得る。

 

初めて手がけることになったのは、スーパーで少女が行方不明となった事件で、人気ニュースキャスター・日下部が、「母親が犯人」だと決めつける煽り報道をしたせいで、精神的に苦を受けた母親が自ら命を断ってしまった。

 

夫の浜口直樹は激怒して、日下部を名誉毀損で訴えると依頼してきたが、名誉毀損での勝訴は難しい。

 

それを知った日下部は逆に浜口を訴えると言い出し、「一億円」の賠償請求を求めてきた。

 

根も葉もない中傷だとする浜口に対して、しっかりとした警察の裏ルートから手に入れた情報をもとに報道したと言い張る日下部。

 

また、一筋縄ではいかない日下部は、杏子の夫が「スキャンダルの渦中の男」だということをも知っており、揺さぶりをかけてくる。

 

名誉毀損を立証する難しさと向き合いながら、夫の裏切りへの許せない気持ち、そして子供たちにも向けられている世間の冷たい視線から守らなければならない状況で・・・


第1話の事件解決のポイント!

 

少女行方不明事件での、裁判勝訴のポイントとなるのがズバリ『日下部が裏とりした、という情報の信憑性』にあります。

連れ去られてしまった少女の母親について、あることないことをテレビで吹聴したせいで死へと追いやられてしまった母親。

 

娘が見つからず生きているかどうかもわからない状況で、唯一、光明を見いだせるのが「日下部のソースは誰なのか」という点です。

 

杏子は、日下部が出演している番組を洗い出し「あること」に気づいたことで、事件解決の糸口を見つけます。


「グッドワイフ」1 話の感想

 

自分を裏切った夫、大スキャンダルがテレビで放送されて娘もいじめられたり、家計を支えるために長期間のブランクがあるのに弁護士事務所への復帰、と杏子の立場を想像するだけで本当に大変そうですね。

 

「汚職はやっていない。不倫は認めた」夫。

 

一番身近な存在である夫が「白か、黒か」とやきもきする妻の心中を、常盤貴子さんが見事に演じています。

 

二人の子供たちが本当にいい子で、こんな状況なのに明るくふるまっていて「家族っていいなあ」って思えます。

 

武田鉄矢さん演じる日下部が、図々しいし、憎ったらしくって(笑)名演技ですよね〜。


注目を集めるために、加熱した報道をやらざるを得なかった日下部の「大きなミス」のおかげで事件は解決しましたが・・・お母さんは帰ってこないのが悲しかったです。

 

同期の多田は、杏子に対してすごく親切ですけれども、それは友人としてのものなのか、それとも彼女に何かの想いがあるものなのか。

 

謎多き人脈豊富なパラリーガル・円香みちるも、壮一郎について非常に意味ありげなことを杏子に言ってきたり、1話では消化しきれないほどの伏線がはられています。

 

基本的にシリアステイストですが、杏子の携帯の着信音(お姑さんからの電話)がゴジラだったのが、すごく笑えました。姑さんがゴジラ的な感じなんですかね。

 


オリジナルの海外ドラマ版は未視聴なんですが、逆に新鮮な気持ちで見られるし、1話目からすごく面白かったので2話目以降も楽しみですね!!