漫画らぶちっく

漫画やドラマ・映画の感想ブログ。

産めない私と、やさしい夫(漫画)1巻のネタバレ感想 知原えす

ある日突然、「旦那さんは浮気をしている」という一本の電話で何もかもが崩れ始め――

 

漫画「産めない私と、やさしい夫(画:知原えす 原作:満月)」は、結婚して10年。子供はできないけれども、優しい夫との生活を送る幸せな主婦・志保の物語です。

 

こちらでは第1巻のあらすじと感想をご案内します。


「産めない私と、やさしい夫」第1巻のあらすじ・ネタバレ

 

志保と結婚して10年になる夫の笠原優一は、爽やか系のイケメンで何年経っても妻に優しい最高の夫。

 

結婚生活にただひとつ、影を落とすのは志保が「子供のできにくい体質」だということ。

 

「良い父親になる」「子供は三人ほしい」

当初そう言っていた夫のために、かわいい子を授かりたい。

 

そんな志保の願いは、お医者のところで「妊娠しづらい身体」と診断されたことで、打ち砕かれた。

 

手術をすれば、あるいは産める可能性が・・・

 

でも、優しすぎる夫は「そこまでしなくていい」と子供をあきらめ、志保は毎日申し訳ない思いを抱えながら生きてきた。

 

幸せで、満たされている日々のはずなのに、謎の男から「笠原優一は浮気をしている」という電話があったことで志保の心は大きく動揺する。


第1巻の感想

 

絵に描いたような、幸せな結婚生活・・・『子供さえいれば』

 

そんな家庭の主婦が、優しい夫に愛されて、子供がいないぶん地域活動や美味しいものを食べたり、ショッピングしたり、と優雅な生活を送って「幸せなはず」なのに、という話。

 

そして不穏なのが正体不明の電話の主と、「夫が浮気している」という告発。

 

優一は見るからに完璧な夫で、妻を悲しませるようなことはしなさそうな雰囲気ですが・・・こういう男性に限って、案外浮気してしまうのかな。

 

あまりに完璧すぎると、逆にあやしく感じてしまいますよねー。

 

志保は子供を産めないことで、優一に対して負い目を感じており、「彼の遺伝子を残してあげられない自分は浮気されても仕方がない」とすら思っています。

 

ここまで自分を卑下しなくてもいいとは思いますが、子供が授かれない当事者にとっては、このくらい思いつめてしまうのかもしれません。

 

電話でとうとう謎の男に呼び出され、志保はどうなってしまうのか!?

 

つづきが気になります。

  

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 全話ネタバレ結末

今度のキラキラ女子は・・・『大食い人気動画配信アイドル』まみりこ!

 

池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私 」のヒロイン・明日香の物語終了につづき、新たなるお話「#キラキラtuberまみりこ」編がやってきました。


 
「てっぺん」に上がれなかった落ちぶれた地下アイドルが、再起をかけて「動画配信者・ウィーチューバー」でのしあがる!

 

「敗者復活戦」を賭けて、回り道で人気アイドルに挑む、したたかで自虐ネタで共感をとろうとするまみりこですが・・・

 

こちらでは全話のあらすじネタバレダイジェストと見どころ、感想などをご案内します。

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ」ネタバレ結末ダイジェスト

 

この漫画は「ニセモノキラキラ女子の地獄」をテーマとした作品で、「ワケあり女子白書」で最新話が配信されています。


現在は2話まで配信されていますので、各話のネタバレ結末をダイジェストでご紹介致します。

 

新しい話の配信後、追記していくのでよろしくおねがいします。

 

 第1話

パッとしなかった地下アイドル時代のぶっちゃけ話をネタに、動画配信で「大食い」ウィーチューバーとしてチャンネル登録者100万人を目指し、人気者になる夢を見ているまみりこ。

 

学生時代からの友人で美容師をしているちえをうまく利用してこき使い、食べたものを吐きながら日々、ファンの獲得に努めていた。

 

ある日、IT社長の新田に見出されて「売名のチャンス!」到来。彼が作った動画配信アプリ「タイムズテーブル」で配信しないかと誘いを受ける。
 

 

結末:新田の推しチャンネル「PUSH」をめぐり、ママサークルチューバーたちと衝突。キラピカママチャンネル・聖子に目の敵にされ、対抗するためにトイプードルのパルフェをレンタルする。

 

第2話


何者かから「おまえのやったことをバラす」という脅迫コメントのあったまみりこ。

 

「社長のお気に入り」として、配信後すぐに新人ランキングトップに立ったまみりこに嫉妬する聖子。聖子は社長秘書を操ろうと暗躍し、ママ友を顎で使って勝とうとする。

 

まみりこのほうはm新田に「わたしのことを狙ってる」とダイレクトに揺さぶりをかけ、さらに聖子の番組に恥をかかせるコメントで仲間割れをさせる。
 

結末:事故を装って、動画で「新田への告白」を生配信してしまうまみりこ。
 

 

第3話   

放送事故を装って「社長の彼女(なのかも!)」と視聴者に思わせる細工で、まんまと登録者数アップ、キラピカママちゃんねる聖子を抜くまみりこ。

 

ヒステリーを起こす聖子は、パシリ扱いのかなえをバカにする。いつまでもキラキラママ仲間に入れてもらえないかなえの鬱憤は頂点に達し、「藁人形で呪いを配信」。

 

結末:聖子に不満を持つかなえをけしかけ、聖子と秘書・上原の不倫の証拠を動画配信させてつぶす策略を企てる。

 

第4話 

かなえに聖子の不倫暴露動画を作らせ、素知らぬ顔で拡散したまみりこによって大炎上。キラピカママをやめた聖子は、夫から離婚され、追いやっていたニート息子・「まあちゃん」の家庭内暴力で地獄へ。

 

だがなぜか、新田社長は炎上中のキラピカママチャンネルをPUSHする。

 

 結末:まみりこの秘密を握る美人プレヨガママ・七香が聖子の代わりにリーダー的存在として登場する。

 

第5話 

七香がキラピカママの新たなリーダーとなり、ランキング一位になる。2位に落ちて悔しがるまみりこはトイプードル・パルフェを病気ににしてネタにしようと計画、ちえに反対される。

 

新田社長にライブ配信で突撃してPUSHを無理やりゲットしようとするが、そこでキラピカママCHとのコラボを提案される。

 

 結末:七香の弱点を探し出し、コラボ番組で七香を追い詰めるまみりこ。

 

第6話 

七香が妊婦にしては疑わしい、と周囲に印象づけることに成功したまみりこ。 キラピカママコラボ番組で大食いを披露し、好印象を得るも、番組後にトイレで吐く姿を七香に撮影されて暴露され、大ピンチに。

 

 結末:あらかじめ仕込んでおいた対策で七香の罠を回避、逆に七香をとっちめてその正体が明かされる。

 

第7話 

 

次回10月末配信予定。

 

「#キラキラtuberまみりこ」の感想

 

 SNSキラキラ女子の進化系・動画配信者のまみりこ、登場!

 

「アイドル」という承認欲求の塊みたいな地位を狙うアイドル崩れの女の子が、アイドル時代に最高にかわいかったメンバーの「双葉愛莉」の引き立て役で終わり、消滅。

 

夢をあきらめきれなかったまみりこの、「敗者復活戦」が「人気動画配信者」というわけです。 

 

「王道がダメなら、あたしは裏ルートからいってやる!」

という、野心家でど根性のキラキラ女子。

 

明日香やサヤとは違い、泥臭いところがあるのが特徴ですね。

 

「大食いなのにスタイルがいい」

と視聴者に言われたくて、大食い動画撮影後にトイレで吐くを繰り返す、まみりこ。

 

第一話から、破滅の予感がヒシヒシとしてきます(笑)

 

ママチャンネルのボスママ・聖子も、「カリスマ主婦」的な地位からあっさり引きずりおろし、おばさんの姑息な策略も叩き潰してしまう恐ろしい子っ。

 

まみりこのすごいところは、「完璧な自分を見せても共感されない」とぶっちゃけトーク、飾り気のない素の自分を見せて多くの共感を得るところ。

 

アイドルとしてはイマイチ輝けなかったまみりこでしたが、「人気動画配信者」としては才能ありありな雰囲気です。


 
でも、この漫画シリーズは「キラキラ女子転落漫画」ですから、最後には必ず「破滅」が待っているハズ・・・
 


上々なすべりだしで、再起をかけている元落ちぶれアイドルがどこまでやれるのか。

 

毎月のお話を追っかけていきますので、また読みにきてくださいね〜

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.somosmo.com

 

www.somosmo.com

t@gged/タグド シーズン1 最終回 真犯人は?そしてシーズン2へ・・・

海外ドラマ「t@gged/タグド」シーズン1 最終回を視聴。

 

「誰もが犯人」でありうる、異常な状況の中でローワンとヘイリー、エリシアはお互いに疑心暗鬼になりながらも「モンキーマンの正体」をさぐるべく、真相に近づいていきます。

 

そして、ラストでとうとう明かされる真犯人・・・さらにつづく「謎」。


ネタバレあり感想なのでご注意ください。


「t@gged/タグド」最終回のあらすじ

 

ヘイリーは去年の劇で「ロミオ役」オーディションに落選した男を拒絶した、と思い当たる。

エリシアは、小学生のときに「テディベア」を盗んだ少年がいた、という思い出を。

ローワンはレイブンがいじめた男の子のことを・・・

 

全員が容疑者に見えるものの、「3人の共通の知りあい」をお互いにさぐるなかで、犯人像が浮かび上がってきた。

 

そしてローワン父が受け取ったUSBの動画でアッシュこそが「モンキーマン」だと確信したローワンとヘイリーだったが、エリシアの説明で誤解が解ける。

 

では、一体誰がモンキーマンなのか?

 

罠が仕掛けられているとわかっていても、「パーティ」へ参加しなければならなくなる3人。

 

「残り47分」

 

という時間制限の中で、3人は学生たちが大騒ぎするパーティの人混みをかきわけ、「モンキーマン」を見つけ出そうとする。


「モンキーマン」の正体について

 

はっきりした正体が明かされますが、一応、ここではぼかしておきます。

 

犯人がわかったとき、「あー、あの地味すぎるヤツかあ!」(これだけでもわかっちゃうかもだけど)

という感想をいだきました。

 

まあ、ナードなカテゴリに入る男子で、女子たちみんなから馬鹿にされている、というコンプレックスを抱えていたからこその犯行。

 

しかし・・・

 

「モンキーマン」の正体がわかっても、彼の背後にいる「真犯人」の存在が匂わされ、シーズン1の終わりではありますが、謎を残したまま終了します。


シーズン1最終回の感想

 

「そしてシーズン2へ!」ってな感じのエンドで、シーズン1最終回としては妥当な終わり方だったと思います。

 

なんとなく一番目立たないやつが犯人だろうなって気はしていました。

 

犯人については思わせぶりなエピソードばかりだったので、「じつはお父さんが犯人!」とかでも驚かなかったかも。

 

ローワンのお父さん(警官のひと)も、若干あやしいっちゃあやしい。

妙にドーソン先生と絡みがあったり。

例の「タトゥー」つながりが気になるところです。

 

ブランドンに関しては「ミスリード多そう」な雰囲気がありありだったので、こいつはただの性格の悪い嫌味な人物で終わるなーと思ってました。これは予想通り。

 

いじめられるカースト最下層男子によるひがみ、自分を見てくれないイケてる女の子たちへの復讐、という幕切れでSNSの恐ろしさを十分に感じさせるストーリーでした。

 

たしかに、「自分の名前さえ覚えていてくれていなかった」って悲しいですよね・・・

 

シーズン2の公式トレーラーが出てたので、YouTubeでチェックしましたが、今度の連中は「#動物園」。Zooの登場です。

 

 

アヒルやら豚やら、蛇に猫・・・

 

「モンキーマン」が消えても、新たな悪夢が待っています。

 

 

日本で公開されるのはいつかな? シーズン2も楽しみですね〜!

 

 1話の感想からチェック!

www.somosmo.com