漫画らぶちっく

漫画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

“いいね”中毒(漫画)ネタバレ感想 伊東爾子

ガラケーからスマホに乗り換えた主婦が、初めて使ったSNSにハマり「いいね」に執着して家族崩壊でめちゃくちゃに。

 

伊東爾子先生の漫画「“いいね”中毒」は、SNS中毒によって人生がボロボロ、イタイ女になっていくありさまを描いた短編漫画集です。

こちらでは表題作話のあらすじと感想をご案内します。


「“いいね”中毒」のあらすじ・ネタバレ

 

36歳主婦の秋子は、夫と幼稚園の娘・沙耶の3人家族。

ある日、夫の機種変に合わせて自分もガラケーからスマホに変えて「スマホデビュー」を果たした。

 

ママ友たちからは「ひとりだけガラケーだったから連絡が取りづらかった」と歓迎され、彼女たちがよく使っているSNS・イメスタの仲間にいれられた。

 

日常生活のかわいいもの、キレイでみんなが「いいね!」してくれるような写真をアップするだけ。

 

とりあえずお弁当を撮影することにした秋子だったが、ママ友たちから「いいね!」がされるとものすごく嬉しくなった。

 

「いいね!」がこんなにうれしいものだなんて!

 

次第にSNSにハマっていく秋子は、「いいね!」だけじゃなくフォロワー数まで気になってくる。

 

フォロワー集めのために、もっと目立つことをしなきゃ!

 

気合をいれたキャラ弁をつくり、コメント返しをして地道にファンを増やしていくうちに、家事が手抜きになっていく。

 

イメスタ映えのための、おしゃれな鍋に、お店の料理みたいな小洒落たメニュー。

 

夫も娘も次第に、秋子についていけなくなり不満をもらすが・・・


「“いいね”中毒」の感想

 

ヒロインの秋子さんはやたらと負けず嫌いな性格で、SNSの中でも「もっと上に!」と斜め上の方向に努力をつづけた結果として、こんなことに・・・

 

このガッツがあるんなら、専業主婦じゃなく共働きしていたら成功しそうなタイプですねえ。

 

料理の写真をアップする程度なら罪はありませんが、「自分の娘」がフォロワー集めで注目を集める存在だと気づいてからがまずかった。

 

リアルでもそうですけれども、不特定多数が閲覧するSNSで幼い子供(特に女の子)の顔写真をアップしちゃうのは危ないですよね。

 

世の中、おかしな男もいますから、変なのにターゲットにされたらこんな事件に発展してもおかしくないわけで。

 

警戒心、というか思慮が足りなかったと思います。

 

この短編は、実際にあった読者投稿を漫画化したものなので、ホント気をつけなきゃいけないよー、と感じました。

 

SNSは楽しいときは日常生活を盛り上げてくれる素敵なツールですけれども、一旦、トラブルが起こったらとんでもない事件に巻き込まれる危険性もあります。

 

写真系のSNSにハマっている方はご注意を・・・

 

  

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.somosmo.com

 

 

 

 

 

輝夜伝(漫画)1巻のネタバレ感想 さいとうちほ

さいとうちほ先生が描く、美しくファンタジックな「かぐや姫」の物語!

漫画「輝夜伝」1巻のネタバレ感想です。

凄王(すさのお)、大神(おおかみ)、月詠(つくよみ)と日本神話『三貴神』の名を持つ美しき青少年たち。

 

そして求婚するものが後を絶たない美女・かぐや姫の噂。

謎めいた人間関係に引き込まれていく、ヒストリカルストーリーです。


「輝夜伝」1巻のあらすじネタバレ

 

竹取の翁が大切に守っているという美姫「かぐや姫」の噂でもちきりな都。

数々の求婚者が姫の出した難題で身を滅ぼし、帝ですら手に負えないだろう、と口さがない都人たちを一喝する北面の武者筆頭・火麻呂(ひまろ)。

 

200歳と噂される「治天の君」上皇の守護隊であり、上皇への無礼を許せぬ、と引っ立てようとする。

そこに滝口の武者の一人凄王(すさのお)と大神(おおかみ)が割って入りケンカとなるが、謎の美少年の助けで逃れた。

 

少年は「月詠(つくよみ)」と名乗り、滝口の武者に加えてほしいという。

八咫烏の修行をした、という月詠だったが、じつは「女」であり「血の十五夜」の生き残りでもあったのだ・・・


「輝夜伝」1巻の感想

とにかく絵が美しい〜! 

さいとうちほ先生はこれまでにも「とりかえ・ばや」という古典のアレンジ作品があり、うっとりとする世界観でした。

 

今回も同じく歴史ものですからハズレ無し、という感じ。

原作である「竹取物語」をどのようにアレンジしていくのか、作者さんのセンスが光っています。

 

最初は「月詠(つくよみ)」という男装の美少女が「かぐや姫」なのかな〜と思っていましたが、そんな単純なものではなく別人。

 

「血の十五夜」は大勢の滝口が襲撃されて、月詠の兄もそのとき命を失ってしまった事件で、月詠自身は兄の敵を取るために男装して滝口の武者となるべく修行してきたのです。

 

今のところ、月詠が女性だと知っているのは長と大神だけですが、こういう「いつ女だとバレるかヒヤヒヤする」展開って、「とりかえ・ばや」と同じでドキドキしちゃいますね。

 

ラブロマンスよりも、「犯人は誰か」というサスペンス要素が強くて、1巻はどちらかというと「人物」を把握するだけで終わってしまいました。

 

2巻以降、本格的にストーリーが進んでいきそうです。

 

次が気になってしまい、ついつい一気に読んじゃって次巻が待ちきれません〜!

 

 

 

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー 全話ネタバレ結末

面白くてつい読んじゃう!と大評判の池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私 」シリーズ続編・「#港区会デビュー」。

 

広告代理店勤務の25歳OLで、前作の明日香の後輩・サヤがヒロインとして登場します。

 

意識高い系キラキラ女子で、失脚した明日香を見下し、会社の派遣女性・中山も下の存在としてマウンティング。

 

SNSで自分の幸せを自慢しまくり、セレブパーティーの「ピエロ」になっているとも知らず転落の道を歩むサヤは今回、どんな末路を迎えるのか!?

 

こちらでは全話のあらすじネタバレダイジェストと見どころ、感想などをご案内します。


「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー」ネタバレ結末ダイジェスト

 

この漫画は「偽装キラキラ女子の地獄」をテーマとした作品で、「ワケあり女子白書」で最新話が配信されています。

 

現在は3話まで配信されていますので、各話のネタバレ結末をダイジェストでご紹介致します。

 

第1話

そこら辺の女とは違う、キラキラ女子のワタシ!と自分に酔いしれながらSNSでキラキラアピールが生きがいのサヤ。

イケメン彼氏・徳井からのプロポーズされ、仕事も恋もプライベートも輝いているの、とSNSでみんなから注目されて有頂天。

 

憧れているフォトスタグラマー「misaki」に近づきたい!とキャリアアップするため、SNSを活用した営業でセレブたちに取り入る。

 

結末:高級な人たちが集うパーティーを知ってしまうと、徳井がつまらない男に見えていく。派遣の中山に仕事を押し付けたことが社内で悪評を生んでしまう。


第2話

つぎつぎにセレブたちから契約をもぎとり、営業トップの成績で鼻高々になるサヤ。

ハケンの分際で、見下していた中山と徳井の仲が近づき苛ついたサヤは、結局カレと破局。

 

結末:順調に見えていた仕事だったが、何者かによる「ニセモノ裏アカウント」でサヤが中傷され、写真が拡散される。

 

第3話

偽装裏アカウントは一日で消えたが、炎上したSNSは止まらない。恐ろしいほどの悪口雑言がバラまかれていたが、フォロワー激増で注目されればなんでもいいと喜ぶサヤ。

 

しかし、会社でセレブたちからの契約破棄が相次ぎ、社内での立場を中山に奪われてしまう。

結末:「ハケンの女」に彼氏と仕事を横取りされたと逆上するサヤは、中山を襲う。

 

第4話

中山への襲撃疑惑・仕事の大クレーム・ネット大炎上により会社での立場がなくなり、停職処分を受けたサヤ。

 

過去の追憶編で、サヤの父親の犯罪と母親による「目立つな」という方針で育てられた薄暗い少女時代。

 

抑圧されすぎたことでかえって「目立ちたい・キラキラしたい」という願いを持つようになった過去が語られる。

  

結末:アパートで荒んだカップ麺生活を送るが、謎のストーカーにゴミを荒らされる。

 

第5話

ストーカー被害をネタにSNSでキラキラアピールするサヤに、ドン引きする同僚たち。

派遣の中山が職場復帰するが、なぜかサヤを犯人だと言わずにかばう。

 

詩織と中山がサヤの自宅を訪問し、詩織がフォトスタでストーカー被害を訴えるサヤにみんなが注目していると励ます。

 

「misaki」にどん底の救いを求めてメッセージをするが無視され、思い余ったサヤは「misaki」行きつけのバーへ向かう。

 

結末:セレブパーティに自分だけ呼ばれなかったうえ、先輩たちから利用され裏切りを知るサヤ。

 


見どころ・SNS依存のキラキラ女子がどこまで堕ちるのか

 

SNSにオシャレな食事やセレブとのパーティーをアップし、「セレブ気分」になってしまったキラキラ女子の天狗の鼻がどこで折られてしまうのか。

 

前作ヒロイン・明日香の転落っぷりが激しく、その落差に魅力を感じた読者(笑)のおかげで大ヒット作品となった「ゴミ屋敷とトイプードルと私 」シリーズですが、新たなヒロインであるサヤが前作を超える転落を見せてくれるかが見どころです。

 

明日香よりも腹黒く、意識高い系なサヤは炎上とネガコメにすらめげずにフォロワーが増えて、あたしがこんなにみんなから注目されている!と喜ぶ、ある種のSNS依存と言うべきでしょうか。

 

承認欲求が異常に高いため、「見られる」こと自体がアイデンティティになってしまった女の心理がよく描かれています。

 

「#港区会デビュー」の感想

 

SNSが好きでハイソな集まりが好きな人種、というとアレですが、実際にキラキラ女子であることに自分の存在意義を見出している女の子ってリアルでいそうですよね。

 

読んでいる人たちはきっと「こんな女にはなりたくない」と思っているはずですが、それでもSNSキラキラ女子の裏側というのは、ついつい見てしまいたくなる魔力があります。

 

上昇志向でSNSにオシャレなキラキラ写真をアップするくらいしか能がないのに、「自分スゴイ」アピールが激しい性格が悪い女ですから、心の中できっと「早くスカッとする結末を!」と思ってますよね?

 

また、前作よりもサスペンス要素が強くなっていて、サヤを監視している「誰か」が気になる描かれ方をしています。

 

落ちぶれて見る影もなくなった明日香なのか、会社で「ハケン」と見下されている中山なのか・・・

 

最新話が配信されるたびに、記事も更新していきますので時折見に来てくださいね〜

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.somosmo.com