漫画らぶちっく

漫画やドラマ・映画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

ドラマ「グッドワイフ(日本版)」第1話感想 常盤貴子が19年ぶりの日曜劇場

人気になった海外ドラマが日本版でリメイク! 

ドラマ「グッドワイフ」が19年ぶりに日曜劇場で主演となる常盤貴子さんをはじめとして、小泉孝太郎さんや水原希子さんなど注目俳優でかためられています。

 

専業主婦で16年ものブランクがある主婦だった蓮見杏子が、夫のスキャンダルを機に弁護士として復帰する姿を描くリーガル・サスペンスです。

 

第1話が動画配信されて、「高い完成度!」と絶賛され、実際に視聴して常盤貴子さんの自然体な美しさだったり、演技力に圧倒されました。

 

こちらではお話のあらすじと、感想レビューをしていきます。

 

「グッドワイフ」1 話「#家族の裏切り」のあらすじ

 

主婦・蓮見杏子は、夫である東京地方検察庁の特捜部長・蓮見壮一郎の大スキャンダルをテレビニュースで見守っていた。

夫の汚職疑惑、そして浮気、逮捕。

 

16年間主婦をしていた杏子は、結婚前は優秀な弁護士だった。かつての同期・多田征大のツテで神山多田法律事務所に仮採用してもらい、復帰への足がかりを得る。

 

初めて手がけることになったのは、スーパーで少女が行方不明となった事件で、人気ニュースキャスター・日下部が、「母親が犯人」だと決めつける煽り報道をしたせいで、精神的に苦を受けた母親が自ら命を断ってしまった。

 

夫の浜口直樹は激怒して、日下部を名誉毀損で訴えると依頼してきたが、名誉毀損での勝訴は難しい。

 

それを知った日下部は逆に浜口を訴えると言い出し、「一億円」の賠償請求を求めてきた。

 

根も葉もない中傷だとする浜口に対して、しっかりとした警察の裏ルートから手に入れた情報をもとに報道したと言い張る日下部。

 

また、一筋縄ではいかない日下部は、杏子の夫が「スキャンダルの渦中の男」だということをも知っており、揺さぶりをかけてくる。

 

名誉毀損を立証する難しさと向き合いながら、夫の裏切りへの許せない気持ち、そして子供たちにも向けられている世間の冷たい視線から守らなければならない状況で・・・


第1話の事件解決のポイント!

 

少女行方不明事件での、裁判勝訴のポイントとなるのがズバリ『日下部が裏とりした、という情報の信憑性』にあります。

連れ去られてしまった少女の母親について、あることないことをテレビで吹聴したせいで死へと追いやられてしまった母親。

 

娘が見つからず生きているかどうかもわからない状況で、唯一、光明を見いだせるのが「日下部のソースは誰なのか」という点です。

 

杏子は、日下部が出演している番組を洗い出し「あること」に気づいたことで、事件解決の糸口を見つけます。


「グッドワイフ」1 話の感想

 

自分を裏切った夫、大スキャンダルがテレビで放送されて娘もいじめられたり、家計を支えるために長期間のブランクがあるのに弁護士事務所への復帰、と杏子の立場を想像するだけで本当に大変そうですね。

 

「汚職はやっていない。不倫は認めた」夫。

 

一番身近な存在である夫が「白か、黒か」とやきもきする妻の心中を、常盤貴子さんが見事に演じています。

 

二人の子供たちが本当にいい子で、こんな状況なのに明るくふるまっていて「家族っていいなあ」って思えます。

 

武田鉄矢さん演じる日下部が、図々しいし、憎ったらしくって(笑)名演技ですよね〜。


注目を集めるために、加熱した報道をやらざるを得なかった日下部の「大きなミス」のおかげで事件は解決しましたが・・・お母さんは帰ってこないのが悲しかったです。

 

同期の多田は、杏子に対してすごく親切ですけれども、それは友人としてのものなのか、それとも彼女に何かの想いがあるものなのか。

 

謎多き人脈豊富なパラリーガル・円香みちるも、壮一郎について非常に意味ありげなことを杏子に言ってきたり、1話では消化しきれないほどの伏線がはられています。

 

基本的にシリアステイストですが、杏子の携帯の着信音(お姑さんからの電話)がゴジラだったのが、すごく笑えました。姑さんがゴジラ的な感じなんですかね。

 


オリジナルの海外ドラマ版は未視聴なんですが、逆に新鮮な気持ちで見られるし、1話目からすごく面白かったので2話目以降も楽しみですね!!

 

 

 

t@gged/タグド(海外ドラマ)第3話 ネタバレあり感想

海外ドラマ「t@gged/タグド」の第3話を動画で視聴。

さらわれてしまったエリシアの安否、ローワンとヘイリーはモンキーマンからの「だ〜れだ?(WHO AM I ?)」ゲームに引き込まれていく。


ネタバレあり感想なのでご注意ください。


「t@gged/タグド」第3話のあらすじ

 

ローワンとヘイリーは、今後の対策を相談する。

モンキーマンの「ヒント」動画から、エリシアの両親がいた場所、クマのぬいぐるみに火をつけたエリシアの背後にある建物を探し当てることにした。

 

学校のロッカーで例の「クマのぬいぐるみ」を見つけたヘイリー。

 

ローワンは父に「ブリーの問題」の件をチクり、夜こっそり抜け出してジェイクのバイト先へ会いに行く。

 

その姿を発見して、こっそり動画撮影するドーソン。

 

ローワンはジェイクに「自分は寮生活の大学生」だと偽っており、夕方以降、なかなか会ってくれないことに苛立っていたジェイクがローワンのあとをつけていたとあとでわかる。

 

誰もいない真っ暗な自宅で「モンキーマン」の影に怯えるローワン。

 

ヘイリーからの電話で、ジェイクと自分の動画が新たにアップされタグ付けされていることを知る。

 

そして闇の中から、ローワンは何者かに背後からつかまれ・・・


第3話の感想

 

ちょっと、ローワン〜〜〜www ってなるくらい、今回のローワンの行動がおかしかった。

 

エリシアが本当に危険な状況にいるのに、夜遅くに彼氏にわざわざいちゃつくために会いに行って、ドーソン先生に動画撮られてるし。

 

さらにもっと頭おかしいのが、自分もモンキーマンに常時監視されて(寝室にまで侵入されてデンジャラスな状況なのに)警官の父親にブリーのことを言いつけて出かけるように促し、ジェイクが家に侵入(この時点で疑わないのもおかしいけど)してきてそのままラブラブ展開とは。

 

いや、ちょっと、無防備すぎるっていうか危機管理意識なさすぎでしょ!って感じでした。

 

(案の定、モンキーマン?っぽいやつに全部こっそり見られてるっぽいし)

 

ローワンにとってエリシアは「友達」じゃないからかもしれないけれども、人質にされて泣きわめく映像見ておいて、こんなのんきにできるもんかしらん・・・。

 

いくら友達じゃなくっても、エリシアがあんな目にあっているというのに、彼氏といちゃつく気分なんかになりませんよ。

 

それはそれ、これはこれってドライな感じなんですかね。

 

ホラー系のドラマや映画でお約束なんですが、必ず「どうしてこんなアホみたいな行動とっちゃうのかなーーー!」ってことを主人公たちがやっちゃう展開が入っていて、???

 

ジェイクが無断侵入してきた時点で「こいつがモンキーマンかも」って疑うのが普通だと思うんですが、なんでいきなりアレなことに。頭にお花畑が咲いてる。

 

ローワンがしっかり者のいい子だという印象でしたが、一気に株が下がってしまいました。

 

結構、ジェイクが疑わしくなってきましたけど、窓の外に「影」がいたので、やっぱりモンキーマンはべつに存在しているのかなあ。


4話へつづく!

 

 

 

 

t@gged/タグド 第2話 あらすじ・感想 モンキーマンのメッセージ

海外ドラマ「t@gged/タグド」の第2話を動画視聴。

ネタバレあり感想なのでご注意ください。

 

モンキーマンから3人の女子高生たちに届いた「メッセージ」とは?

 

彼女たちの私生活を把握しており、絶対に断れない「弱み」を握っているモンキーマンの正体は一体、誰なのか!?

 

第2話のあらすじと感想をご案内します。

 

「t@gged/タグド」第2話のあらすじ

 

ブリーからの情報で、エリシアは両親を放火による火災で亡くしており従兄弟と同居中。どこか得体の知れないところがある、とローワンに伝わる。

 

モンキーマンがローワン、ヘイリー、エリシアの日常生活を盗撮しており、ローワンの寝室にまで来ていたことがわかる。

そしてさらにモンキーマンは、3人の少女の「弱み」となる動画をネタに「来なければ秘密をバラす」と脅してモーテルを指定する。

 

3人は示し合わせて夜中に指定場所へ向かったが、エリシアに大変なことが・・・

 

ローワン、ヘイリー、エリシア、それぞれの「弱み」とは?

 

モンキーマンから指定の場所へ「来い」と、SNSを通して脅迫メッセージが届きます。

 

普通であれば、言うことをきくわけがない・・・けれども、モンキーマンは3人の女子高生たちの誰にも知られたくない「秘密」をなぜか知っており、来なければバラすぞ、という形で脅していました。

 

まず、ローワンの弱み。年上の彼氏・ジェイクとの交際をおまわりのパパにバラされたら大変。

 

(ジェイクは20歳で成人男性なので、女子高生のローワンとお付き合いは不適切)

 

ヘイリーは「薬」に溺れており、それを教育ママに知られたくない。

 

エリシアは自傷癖があり、学校のトイレでわざわざ「#カッター」とタグ付けして、まだ新しい傷跡を投稿。その「病み癖」を学校中にバラまくぞ、と脅され。

 

「秘密」を守りたい少女たちは、それぞれの理由からモンキーマンの指示に従い、モーテルへ集合します。


第2話の感想

 

モンキーマンの事件をきっかけに、途絶えかけていたローワンとヘイリーの友情復活の兆しが見えてきたのは不幸中の幸い。

 

ヘイリーは本当は悪い仲間たちと合ってなくて、無理にハイを装ってノリをあわせている雰囲気で無理している様子があります。

 

ヘイリーママが言っている「オーディション」って、芸能人とかそういうのを目指しているんでしょうか。ステージママ? 娘の人生を支配しようとしている毒親感満載です。

 

あと、エリシアの牛みたいな鼻ピアスが気になってセリフに集中できませんでした(笑)

 

あれが高校生には「クール」なんですかね・・・

 

 

エリシアがあれほど暗い少女なのは、1年前に両親が亡くなった出来事と関係していそう。

 

単に火事で亡くなったわけではなく、エリシア自身による過失?っぽいです。

今は過去の自分をひどく悔いていて、自傷癖は自分を罰している、と感じます。

 


ドーソン先生がエリシアのことを調べていたり、意味ありげなタトゥーがちらっと出てきたりと不穏な様子。

 

モンキーマンの言うとおりにした3人でしたが、エリシア、ピ〜ンチ!ってとこで終わったのでドキドキです。

 

3話みたら、またつづき書きますね〜〜!

 

www.somosmo.com