漫画らぶちっく

漫画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

わが愛しの女海賊(レディ・バッカニア)ネタバレ結末

板東いるか作「まんがグリム童話 わが愛しの女海賊(レディ・バッカニア)」を読みました。

金髪の美しい少女、メアリ・アンが「ジョン・テイラー」という男の名前で海賊船の水夫となり、船長のリチャードと恋に落ちる海賊ラブロマンス。

 

わが愛しの女海賊(レディ・バッカニア)のネタバレ

 

海賊船で小柄な少年であるジョン・テイラーは、男のふりをしていたが、じつはメアリ・アンという美しい少女だった。

船長のブラック・リチャードは「女みてえな顔だ」と最初から疑っていたが、海から落ちたメアリを救ったことで彼女が女だとバレる。

 

メアリは孤児で、イギリスの軍人であるヘンリー・ポーウェン大佐によって引き取られたが、無理やり愛人にさせられていたのだった。

 

軍隊につれていくためにメアリを男装させて船に乗っていたが、メアリは彼から逃れてきた。

 

もう女でいたくない、と男の姿のままで・・・

 


わが愛しの女海賊の結末

 

リチャードの男らしい愛に惹かれ、心を開いて彼を愛するようになったメアリは海賊としてともに生きようとする。

しかしヘンリーが英国海軍の船で襲ってきて、メアリをめぐり直接対決。

 

リチャードはメアリを助けるために、自らの命をかけて船に残るが・・・

 

※涙のラストはあなた自身で読んでね!

 

感想まとめ

 

読んでいて、映画の「パイレーツ・オブ・カリビアン」を思い出しました。

 

どこまでも広がる海原で、船上での海賊とのラブロマンスって素敵ですよね。

片目でおヒゲの海賊に、英国海軍がひとりの女性をめぐって取り合いになるって展開、ポーッとなります。

 

ヘンリーがなぜあそこまでメアリに執着しているのか、ヘンリー側の描写がなかったのでよくわかりませんでしたが、軍船使ってまで追っかけてくるストーカーって普通に怖い。

 

女性をモノ扱いするヘンリーのせいで、メアリはすっかり男性不信になり、自分が女であることを呪って少年の格好をしていましたが、それでも華奢な美少年、という雰囲気でリチャードが男だと思っていても惚れてしまいます(笑)

 

ただ奪うことしかなかったヘンリーとは全く違う男性である、懐の深いリチャードという男性のおかげで、メアリの男性恐怖症も治って「本当の愛」がわかります。

ページの都合もあったとは思いますが、ふたりがもっとイチャイチャする場面があってもよかったんじゃないかな。

 

結末は切なすぎるけれども、ジーンと胸にくるラストで読後感はとてもよかったです。

メアリのその後の人生は、リチャードと再び巡り会えたのか会えなかったにしろ、「女性」として彼への愛をいだいたまま生きていったんだろうなあ・・・と思えました。

 

ほかの作品も実際にあった事件や歴史の人物を題材にしており、独特の視点からテンポのいいストーリーに仕上がっていて楽しく読めました。

 

 

 

 こちらの記事もおすすめです 

www.somosmo.com

 

「19歳の夫には秘密がある(漫画)」ネタバレ感想

結婚寸前で後輩に婚約者に盗られてフラれ、ヤケになっていたアラサーOLが、19歳のイケメン青年からいきなりのプロポーズ!?

皇りん/伊吹芹作 漫画「19歳の夫には秘密がある」は、突然の婚約破棄から立ち直るために期限付きの「契約結婚」をしたワケありカップルのお話です。

 

お互いにメリットがある取引だったはずが、いつの間にか本当にスキに・・・2年後の別れを意識しながら、ふたりが添い遂げるのか。

こちらではあらすじと感想をご案内します。

 

「19歳の夫には秘密がある」のあらすじ

秘書課勤務のアラサーOL・田中藍名は、婚約者の嗣智から急に「婚約破棄」を言い渡された。

指輪を買って式場も決まり、離婚した藍名の両親が飛行機でそれぞれやってくる予定だというのに。

 

理由は、藍名の後輩である初瀬みゅうに、嗣智が誘惑されて心変わりしたからだった。

嗣智の隣で「ごめんなさい!」と嘘泣きするみゅう(美優)にあきれながらも、藍名は必死で涙を見せず取り乱さなかった。

 

いくら気の強い女とはいえ、藍名はもちろんショックすぎてひとりで飲んでぐでんぐでんになっていた。

道で倒れた藍名を介抱してくれた綺麗な青年・卯月に助けられる。

 

事情を知った卯月は藍名にいきなり「結婚しよう」と提案してきた。

19歳の男が結婚したがるわけなんて・・・といぶかしむが、彼にも結婚したい理由があった。

 

「狩野小路 卯月」誰もが知っている名字。名字が派手すぎて、結婚して姓を変えたい、という彼と、

『捨てられたかわいそうな女』というレッテルが貼られるのに我慢ならない藍名は利害一致して、結婚することにしたが・・・

 


「19歳の夫には秘密がある」の感想

 

結婚式目前での婚約者の心変わりで、年下の女に彼を盗られる、という悲惨な出だしから始まりましたが、いきなりのどんでん返し(笑)

捨てる神あれば拾う神あり、というのでしょうか。

 

元婚約者よりもさらにハイスペックなイケメン年下の彼とスピード結婚なんて!(しかも、彼自身は有名な小説家という設定)


婚約不履行の仕返しに、元婚約者に式でスピーチさせて、若いイケメンと結婚している姿をみゅうに見せつけてやったんですから、たしかにスカッとしますよね〜。

 

これで、元婚約者とみゅうとの縁は切れそうなものですが、案外しつこい。みゅうは嗣智のことが本当に好きだったわけではなく、ひょっとして藍名に嫌がらせして悔しがらせるために盗ったのかな、と思えました。

 

結婚するはずだった嗣智に、みゅうのほうから結婚延期を申し出てきていて、今度は卯月でも狙ってきそうな予感。

みゅうは典型的な「他人のものを欲しがる女」なんですかね。


卯月はあくまで「2年間の契約結婚」という前提で結婚を申し込みましたが、2年後に本当に「円満離婚」してしまうのかが気になるところ。

お互いに知り合ったばかりですが、相性の良さで見ていて微笑ましいし、このまま結婚生活をつづけてくれたらいいのになーって思えます。

 

年下夫、というのもすごくかわいくて、やさしくて尽くしてくれるし、傷ついた心を抱えている藍名を守ろうとしてくれた男気があってキュンとしちゃいます。

若いとどうしても「お金がない」ケースが多いですけれども、本人の才能でお財布も潤っているし言うことなし(笑)ヒモみたいになったら、いくらかわいくても微妙ですし・・・

 

卯月がどう思っているのかも気になりますが、ピュアで世間知らずな青年をこれからどう成長させていくかが年上妻の腕の見せどころでしょうか。

続きが気になりますねー

 

こちらの記事のおすすめです

www.somosmo.com

 

 

 

 

 

そもそもウチには芝生がない ネタバレ 第10話 嬉しくないの?

たちばなかおる作の漫画「そもそもウチには芝生がない」の第10話 嬉しくないの?のあらすじネタバレです。

今度は恵子が自分の悩みを打ち明ける番。

子供ができないことで散々、姑から嫌味を言われてきたのに、とうとうできたらできたで「自信がない」なんて夫に言われてしまった恵子。

スミのダウン症の息子・圭太くんの一言が、恵子の心を慰めます。

第10話 嬉しくないの?のネタバレ

恵子の悩み


子供たち三人をお迎えに行ったスミが帰ってきて、圭太が恵子のところにやってきて、ジュースで「カンパーイ!」をする。

人見知りする圭太がなぜか恵子を気に入り、「よろしくね圭太くん。恵子おねえさんです」と挨拶をした。



なついてくる圭太をなでながら、恵子は夫と姑の反応でガッカリしたことを思い出した。

子供ができたら、無条件で祝福してくれると思っていたのに。

そのことを報告した日、「今更大丈夫なの!?」喜ぶよりもショックを受けた夫。



そして「あと10年早きゃよかったけどねえ。恵子さんなんて、もうおばあちゃんの年じゃないか」と姑がため息をついた。

とどめに、産む前にちゃんと検査を受けて障がいがないか確かめてよね、と言われてしまう。

「嬉しいけど、自信がない」

これが夫の言葉だった。

おめでとう!というスミとマキ


思い出して涙が出てきた恵子を心配したスミとマキだったが、子供ができたと報告されると「おめでとう!びっくりしたけど、嬉しいよ!」と祝福してくれた。

「でも私、もう43だし。夫は単身赴任だし、お義母さんのお世話もしんどくなる一方だし、産んで大丈夫かなって不安になっちゃって」



恵子は初めて、自分の悩みと不安を吐き出した。

「わたしはどんな子だって育てるし、がんばるけど」

どうしても不安になってしまう、と泣く。

圭太になぐさめられる恵子


泣いている恵子を見て、圭太がティッシュをとり、「けいこ ねしゃ、えんえんないよ?(恵子おねえさん泣かないで)」と、涙をぬぐおうとしてくれた。

その優しさに感動して、「ありがとう、圭太くん」と嬉し泣きする恵子。



スミはその様子を見て、自分がダウン症児を育てている母親だからこそ「子供は障がいがあってもなくても、自分で育つ力を持って生まれてくるものだよ」だから、絶対に大丈夫だと励ました。

恵子は不安が消え、「わたし頑張る!」と笑顔になる。

第10話の感想


恵子さんちの家庭って、地味にひどいんですよね・・・。

恵子に子供ができないとずーっと責めてきたはずが、「できた」と言っても祝福せず、「いまさら大丈夫なの」と不安がる始末。一番不安なのは、恵子さんですよ。

 

高齢出産にはたしかに、染色体の異常が起きやすいという不安はありますが、まずは「嬉しいよ!ありがとう!」とか、そういう言葉が夫からはほしいですよね。

でも、障がいをもつ圭太くんを育てているスミの言葉には、重みがありました。

 

それに、圭太くんめっちゃいい子! 言葉がうまく話せなくても、本当に優しい子だとわかります。

愛情をもって育てれば、どんな子でもいい子になるんだなあ、と思えたエピソードでした。

 

第11話の感想

somosomo.hateblo.jp