漫画らぶちっく

漫画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー 全話ネタバレ結末

面白くてつい読んじゃう!と大評判の池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私 」シリーズ続編・「#港区会デビュー」。

 

広告代理店勤務の25歳OLで、前作の明日香の後輩・サヤがヒロインとして登場します。

 

意識高い系キラキラ女子で、失脚した明日香を見下し、会社の派遣女性・中山も下の存在としてマウンティング。

 

SNSで自分の幸せを自慢しまくり、セレブパーティーの「ピエロ」になっているとも知らず転落の道を歩むサヤは今回、どんな末路を迎えるのか!?

 

こちらでは全話のあらすじネタバレダイジェストと見どころ、感想などをご案内します。


「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー」ネタバレ結末ダイジェスト

 

この漫画は「偽装キラキラ女子の地獄」をテーマとした作品で、「ワケあり女子白書」で最新話が配信されています。

 

現在は3話まで配信されていますので、各話のネタバレ結末をダイジェストでご紹介致します。

 

第1話

そこら辺の女とは違う、キラキラ女子のワタシ!と自分に酔いしれながらSNSでキラキラアピールが生きがいのサヤ。

イケメン彼氏・徳井からのプロポーズされ、仕事も恋もプライベートも輝いているの、とSNSでみんなから注目されて有頂天。

 

憧れているフォトスタグラマー「misaki」に近づきたい!とキャリアアップするため、SNSを活用した営業でセレブたちに取り入る。

 

結末:高級な人たちが集うパーティーを知ってしまうと、徳井がつまらない男に見えていく。派遣の中山に仕事を押し付けたことが社内で悪評を生んでしまう。


第2話

つぎつぎにセレブたちから契約をもぎとり、営業トップの成績で鼻高々になるサヤ。

ハケンの分際で、見下していた中山と徳井の仲が近づき苛ついたサヤは、結局カレと破局。

 

結末:順調に見えていた仕事だったが、何者かによる「ニセモノ裏アカウント」でサヤが中傷され、写真が拡散される。

 

第3話

偽装裏アカウントは一日で消えたが、炎上したSNSは止まらない。恐ろしいほどの悪口雑言がバラまかれていたが、フォロワー激増で注目されればなんでもいいと喜ぶサヤ。

 

しかし、会社でセレブたちからの契約破棄が相次ぎ、社内での立場を中山に奪われてしまう。

結末:「ハケンの女」に彼氏と仕事を横取りされたと逆上するサヤは、中山を襲う。

 


見どころ・SNS依存のキラキラ女子がどこまで堕ちるのか

 

SNSにオシャレな食事やセレブとのパーティーをアップし、「セレブ気分」になってしまったキラキラ女子の天狗の鼻がどこで折られてしまうのか。

 

前作ヒロイン・明日香の転落っぷりが激しく、その落差に魅力を感じた読者(笑)のおかげで大ヒット作品となった「ゴミ屋敷とトイプードルと私 」シリーズですが、新たなヒロインであるサヤが前作を超える転落を見せてくれるかが見どころです。

 

明日香よりも腹黒く、意識高い系なサヤは炎上とネガコメにすらめげずにフォロワーが増えて、あたしがこんなにみんなから注目されている!と喜ぶ、ある種のSNS依存と言うべきでしょうか。

 

承認欲求が異常に高いため、「見られる」こと自体がアイデンティティになってしまった女の心理がよく描かれています。

 

「#港区会デビュー」の感想

 

SNSが好きでハイソな集まりが好きな人種、というとアレですが、実際にキラキラ女子であることに自分の存在意義を見出している女の子ってリアルでいそうですよね。

 

読んでいる人たちはきっと「こんな女にはなりたくない」と思っているはずですが、それでもSNSキラキラ女子の裏側というのは、ついつい見てしまいたくなる魔力があります。

 

上昇志向でSNSにオシャレなキラキラ写真をアップするくらいしか能がないのに、「自分スゴイ」アピールが激しい性格が悪い女ですから、心の中できっと「早くスカッとする結末を!」と思ってますよね?

 

また、前作よりもサスペンス要素が強くなっていて、サヤを監視している「誰か」が気になる描かれ方をしています。

 

落ちぶれて見る影もなくなった明日香なのか、会社で「ハケン」と見下されている中山なのか・・・

 

最新話が配信されるたびに、記事も更新していきますので時折見に来てくださいね〜

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.somosmo.com

 

美醜コンプレックス~女は見た目が全てなの?~ ネタバレ感想 

美醜オムニバス漫画3篇を収録した「美醜コンプレックス~女は見た目が全てなの?~」は、ブスであることにコンプレックスでいっぱいの女たちを描いた短編漫画集です。

ブスっていうだけでダメなの? 見た目さえキレイなら愛されるの!?

そんな醜い女たちの心の叫びが聞こえてくるような物語。

こちらではそれぞれのお話のあらすじと感想をご案内します。


「美醜コンプレックス」収録作の各あらすじ

誘惑エステティック~おデブでも幸せになりたい!~(川端みどり)のあらすじ

 

結婚を考えていた彼から「デブ」であることを理由にフラれてしまったさつき。

曰く、体重をコントロールできない人間には家庭を守れないから、と。

 

クイーンサイズのピチピチの洋服を着て、ぶくぶくに太った容姿。

フラレた腹いせで、ついついガツガツ食べてしまう。

 

キレイになれば私も・・・と通っていたエステの美人エステティシャンにあこがれて高額コースを申し込み、大金をそそぎこむさつきだったが・・・


3匹のブス~せめて心だけは美しく…~(河東ますみ)のあらすじ

誰がどう見ても「ブス」としか言いようのない醜女顔の塩野美子。

顔のせいで就職できないと悩むほどのブスっぷりであった。

 

彼女はそっくりな三つ子のブス姉妹のひとりで、ある日生き別れの妹が見つかるが、似ても似つかないほどの美しい女だった。

 

遺産相続にあたり、その美しい妹にすべてを奪われそうになり・・・


美しい母には秘密がある~ヒステリックな彼女~(秋山紅葉)のあらすじ

 

小学生の美和のママは、みんなからうらやましがられるほどの美人でおしゃれな女性だった。

あんなにキレイなママなのに、美和はそばかす扁平顔のブサイク。

 

まったくお母さんに似ていないよね、本当に親子なの?と友達から揶揄され・・・

 

美醜コンプレックスの感想

「美人」あるいは「ブス」というだけで、世の中はまったく変わってしまうものです。

美しければ、なにもしなくても周りが称賛してくれたり、優しくしてくれるのに対して、ブサイクであれば心根の優しさなど誰も見てくれずに、何も悪いことをしていないのに差別されたりいじめられたり。

 

「誘惑エステティック」のヒロインも、結婚がだめになった理由は「太っている人間は自己管理ができない」というもので、言いたいことはわかるけれども、頭ごなしに決めつけられて捨てられるというのも納得がいかないものです。

 

最終的にはハッピーエンドに向かったから良かったですが、これで最後まで悲惨な展開だったら目も当てられません。

 


「3匹のブス」のほうは、顔だけじゃなく心までブスだった、というわりと救いがいない系なお話で、生まれたときから醜さのせいで冷たくされつづけると、心まで醜くなってしまうのか・・・という雰囲気でした。

 

「美しい母には秘密がある」はよくあるお話で、元の顔はブサイクな娘そのものだったんですけれども整形で美しさを手に入れていたわけで、逆転してその後の人生はどうなったんだろうかと考えさせられます。

 

斬新さに欠ける内容ではありましたが、「美醜」というテーマでまとめられ、とても読みやすい内容になっていました。

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.somosmo.com

 

わが愛しの女海賊(レディ・バッカニア)ネタバレ結末

板東いるか作「まんがグリム童話 わが愛しの女海賊(レディ・バッカニア)」を読みました。

金髪の美しい少女、メアリ・アンが「ジョン・テイラー」という男の名前で海賊船の水夫となり、船長のリチャードと恋に落ちる海賊ラブロマンス。

 

わが愛しの女海賊(レディ・バッカニア)のネタバレ

 

海賊船で小柄な少年であるジョン・テイラーは、男のふりをしていたが、じつはメアリ・アンという美しい少女だった。

船長のブラック・リチャードは「女みてえな顔だ」と最初から疑っていたが、海から落ちたメアリを救ったことで彼女が女だとバレる。

 

メアリは孤児で、イギリスの軍人であるヘンリー・ポーウェン大佐によって引き取られたが、ひどい目にあわされていたのだった。

 

軍隊につれていくためにメアリを男装させて船に乗っていたが、メアリは彼から逃れてきた。

 

もう女でいたくない、と男の姿のままで・・・

 


わが愛しの女海賊の結末

 

リチャードの男らしい愛に惹かれ、心を開いて彼を愛するようになったメアリは海賊としてともに生きようとする。

しかしヘンリーが英国海軍の船で襲ってきて、メアリをめぐり直接対決。

 

リチャードはメアリを助けるために、自らの命をかけて船に残るが・・・

 

※涙のラストはあなた自身で読んでね!

 

感想まとめ

 

読んでいて、映画の「パイレーツ・オブ・カリビアン」を思い出しました。

 

どこまでも広がる海原で、船上での海賊とのラブロマンスって素敵ですよね。

片目でおヒゲの海賊に、英国海軍がひとりの女性をめぐって取り合いになるって展開、ポーッとなります。

 

ヘンリーがなぜあそこまでメアリに執着しているのか、ヘンリー側の描写がなかったのでよくわかりませんでしたが、軍船使ってまで追っかけてくるストーカーって普通に怖い。

 

女性をモノ扱いするヘンリーのせいで、メアリはすっかり男性不信になり、自分が女であることを呪って少年の格好をしていましたが、それでも華奢な美少年、という雰囲気でリチャードが男だと思っていても惚れてしまいます(笑)

 

ただ奪うことしかなかったヘンリーとは全く違う男性である、懐の深いリチャードという男性のおかげで、メアリの男性恐怖症も治って「本当の愛」がわかります。

ページの都合もあったとは思いますが、ふたりがもっとイチャイチャする場面があってもよかったんじゃないかな。

 

結末は切なすぎるけれども、ジーンと胸にくるラストで読後感はとてもよかったです。

メアリのその後の人生は、リチャードと再び巡り会えたのか会えなかったにしろ、「女性」として彼への愛をいだいたまま生きていったんだろうなあ・・・と思えました。

 

ほかの作品も実際にあった事件や歴史の人物を題材にしており、独特の視点からテンポのいいストーリーに仕上がっていて楽しく読めました。

 

 

 

 こちらの記事もおすすめです 

www.somosmo.com