漫画らぶちっく

漫画やドラマ・映画のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

t@gged/タグド シーズン1 最終回 真犯人は?そしてシーズン2へ・・・

海外ドラマ「t@gged/タグド」シーズン1 最終回を視聴。

 

「誰もが犯人」でありうる、異常な状況の中でローワンとヘイリー、エリシアはお互いに疑心暗鬼になりながらも「モンキーマンの正体」をさぐるべく、真相に近づいていきます。

 

そして、ラストでとうとう明かされる真犯人・・・さらにつづく「謎」。


ネタバレあり感想なのでご注意ください。


「t@gged/タグド」最終回のあらすじ

 

ヘイリーは去年の劇で「ロミオ役」オーディションに落選した男を拒絶した、と思い当たる。

エリシアは、小学生のときに「テディベア」を盗んだ少年がいた、という思い出を。

ローワンはレイブンがいじめた男の子のことを・・・

 

全員が容疑者に見えるものの、「3人の共通の知りあい」をお互いにさぐるなかで、犯人像が浮かび上がってきた。

 

そしてローワン父が受け取ったUSBの動画でアッシュこそが「モンキーマン」だと確信したローワンとヘイリーだったが、エリシアの説明で誤解が解ける。

 

では、一体誰がモンキーマンなのか?

 

罠が仕掛けられているとわかっていても、「パーティ」へ参加しなければならなくなる3人。

 

「残り47分」

 

という時間制限の中で、3人は学生たちが大騒ぎするパーティの人混みをかきわけ、「モンキーマン」を見つけ出そうとする。


「モンキーマン」の正体について

 

はっきりした正体が明かされますが、一応、ここではぼかしておきます。

 

犯人がわかったとき、「あー、あの地味すぎるヤツかあ!」(これだけでもわかっちゃうかもだけど)

という感想をいだきました。

 

まあ、ナードなカテゴリに入る男子で、女子たちみんなから馬鹿にされている、というコンプレックスを抱えていたからこその犯行。

 

しかし・・・

 

「モンキーマン」の正体がわかっても、彼の背後にいる「真犯人」の存在が匂わされ、シーズン1の終わりではありますが、謎を残したまま終了します。


シーズン1最終回の感想

 

「そしてシーズン2へ!」ってな感じのエンドで、シーズン1最終回としては妥当な終わり方だったと思います。

 

なんとなく一番目立たないやつが犯人だろうなって気はしていました。

 

犯人については思わせぶりなエピソードばかりだったので、「じつはお父さんが犯人!」とかでも驚かなかったかも。

 

ローワンのお父さん(警官のひと)も、若干あやしいっちゃあやしい。

妙にドーソン先生と絡みがあったり。

例の「タトゥー」つながりが気になるところです。

 

ブランドンに関しては「ミスリード多そう」な雰囲気がありありだったので、こいつはただの性格の悪い嫌味な人物で終わるなーと思ってました。これは予想通り。

 

いじめられるカースト最下層男子によるひがみ、自分を見てくれないイケてる女の子たちへの復讐、という幕切れでSNSの恐ろしさを十分に感じさせるストーリーでした。

 

たしかに、「自分の名前さえ覚えていてくれていなかった」って悲しいですよね・・・

 

シーズン2の公式トレーラーが出てたので、YouTubeでチェックしましたが、今度の連中は「#動物園」。Zooの登場です。

 

 

アヒルやら豚やら、蛇に猫・・・

 

「モンキーマン」が消えても、新たな悪夢が待っています。

 

 

日本で公開されるのはいつかな? シーズン2も楽しみですね〜!

 

 1話の感想からチェック!

www.somosmo.com

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒やしとホントの私 全話ネタバレ結末

落ちぶれキラキラ女子が、スピリチュアル系ヒーラー女子として帰ってきた!

 

偽物のキラキラ女子として落ちぶれ、大転落した池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私 」のヒロイン・明日香がシリーズの新章である「#ラブと癒やしとホントの私」で復帰しました。

 

前作と異なり、派手なブランド生活から一転、シンプルライフでエコな暮らしぶりの明日香。

 

「ヒーラー」として、弱い心をもった女性たちのあこがれの的に。

 

でもそれは「金儲けのためのスピリチュアル女子」を演じているだけで、本当の明日香の姿は・・・

 

こちらでは全話のあらすじネタバレダイジェストと見どころ、感想などをご案内します。

「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒やしとホントの私」ネタバレ結末ダイジェスト

 

この漫画は「偽装キラキラ女子の地獄」をテーマとした作品で、「ワケあり女子白書」で最新話が配信されています。

 

 

現在は1話まで配信されていますので、各話のネタバレ結末をダイジェストでご紹介致します。

 

新しい話の配信後、追記していくのでよろしくおねがいします。

 第1話

落ちぶれたサヤが明日香に会いに行く。「ハイアーセルフヒーロングサロン・アンジェリングル」でヒーラーとして働く明日香は、ペットロスの悲しみを抱える女性たちをブログで集める「アンジェリングル」の広告塔となっていた。

 

天国のソラくんの声が聞こえた、とサロンで話す明日香。「レイキ」で癒やされたと喜ぶ女性たちは、勧められるままに高額セミナーに申し込む。ハッピーオーラでオーガニック野菜にナチュラルなシンプルライフを情報発信する。

 

結末:「スピリチュアル女子」明日香の化けの皮が剥がれる。父の遺産を使い果たし、裏で「キラキラ女子」生活を続ける。

 

 第2話

大盛況のヒーラセミナーで「スーパーヒーラー」となるべく、純深叶のために働く明日香。純深叶の「どん底からの復活劇」に心酔し、過去の自分と重ねながらアンジェリングルで復活した日々を回想する。

 

結末:高額な「心身を浄化する特別な水」に1000本ものノルマを課せられた明日香は、心にもない励ましをかけながら人々に売りつけて騙す。しかし、ある母子に「治らない」と罵られ、窮地におちいる。

 

「#ラブと癒やしとホントの私」の感想

 

SNSキラキラ女子としての能力をフルに使い、別の分野の需要を掘り起こして、「スピリチュアル系ヒーラー」として成功した明日香。

 

もともと「注目を集めること」「すごい人に見せかけること」が天職のようなキラキラ女子ですから、胡散臭いスピリチュアルサロンの集客もお手の物ですね。

 

明日香の成功の源は、今までのギラギラしたガツガツ系のキラキラ女子としての自分ではなく、求められている清貧で上品、ナチュラルなキレイさで好かれるスピ女子、という役割を演じきっているからでしょう。

 

ただ、それもまた明日香にとっては「仮の姿」でしかなく、本来の自分はあくまで「セレブなキラキラ女子」であり、やめられない。

 

信者をうまくだますための詐欺サロンの「表の顔」と、自分自身の本性である「裏の顔」を使い分けた生活をしている様子の明日香。

 

それにしても、「オーガニックトマト」の写真を撮ったとたん、片手でブッシューとつぶす明日香の迫力と言ったら。

本当はスピリチュアルとか、大嫌いって雰囲気(笑)

 

今回は破綻することなく、スピリチュアル系のキラキラ女子として生き残れるのか。

 

サヤもまた、信者としてカモにされるのか、それとも明日香と組んで詐欺ビジネスの片棒をかつぐのか。

 

ラストまで読んで更新していくので、また、見に来てくださいね〜!

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

www.somosmo.com

 

 

ドラマ「グッドワイフ(日本版)」第1話感想 常盤貴子が19年ぶりの日曜劇場

人気になった海外ドラマが日本版でリメイク! 

ドラマ「グッドワイフ」が19年ぶりに日曜劇場で主演となる常盤貴子さんをはじめとして、小泉孝太郎さんや水原希子さんなど注目俳優でかためられています。

 

専業主婦で16年ものブランクがある主婦だった蓮見杏子が、夫のスキャンダルを機に弁護士として復帰する姿を描くリーガル・サスペンスです。

 

第1話が動画配信されて、「高い完成度!」と絶賛され、実際に視聴して常盤貴子さんの自然体な美しさだったり、演技力に圧倒されました。

 

こちらではお話のあらすじと、感想レビューをしていきます。

 

「グッドワイフ」1 話「#家族の裏切り」のあらすじ

 

主婦・蓮見杏子は、夫である東京地方検察庁の特捜部長・蓮見壮一郎の大スキャンダルをテレビニュースで見守っていた。

夫の汚職疑惑、そして浮気、逮捕。

 

16年間主婦をしていた杏子は、結婚前は優秀な弁護士だった。かつての同期・多田征大のツテで神山多田法律事務所に仮採用してもらい、復帰への足がかりを得る。

 

初めて手がけることになったのは、スーパーで少女が行方不明となった事件で、人気ニュースキャスター・日下部が、「母親が犯人」だと決めつける煽り報道をしたせいで、精神的に苦を受けた母親が自ら命を断ってしまった。

 

夫の浜口直樹は激怒して、日下部を名誉毀損で訴えると依頼してきたが、名誉毀損での勝訴は難しい。

 

それを知った日下部は逆に浜口を訴えると言い出し、「一億円」の賠償請求を求めてきた。

 

根も葉もない中傷だとする浜口に対して、しっかりとした警察の裏ルートから手に入れた情報をもとに報道したと言い張る日下部。

 

また、一筋縄ではいかない日下部は、杏子の夫が「スキャンダルの渦中の男」だということをも知っており、揺さぶりをかけてくる。

 

名誉毀損を立証する難しさと向き合いながら、夫の裏切りへの許せない気持ち、そして子供たちにも向けられている世間の冷たい視線から守らなければならない状況で・・・


第1話の事件解決のポイント!

 

少女行方不明事件での、裁判勝訴のポイントとなるのがズバリ『日下部が裏とりした、という情報の信憑性』にあります。

連れ去られてしまった少女の母親について、あることないことをテレビで吹聴したせいで死へと追いやられてしまった母親。

 

娘が見つからず生きているかどうかもわからない状況で、唯一、光明を見いだせるのが「日下部のソースは誰なのか」という点です。

 

杏子は、日下部が出演している番組を洗い出し「あること」に気づいたことで、事件解決の糸口を見つけます。


「グッドワイフ」1 話の感想

 

自分を裏切った夫、大スキャンダルがテレビで放送されて娘もいじめられたり、家計を支えるために長期間のブランクがあるのに弁護士事務所への復帰、と杏子の立場を想像するだけで本当に大変そうですね。

 

「汚職はやっていない。不倫は認めた」夫。

 

一番身近な存在である夫が「白か、黒か」とやきもきする妻の心中を、常盤貴子さんが見事に演じています。

 

二人の子供たちが本当にいい子で、こんな状況なのに明るくふるまっていて「家族っていいなあ」って思えます。

 

武田鉄矢さん演じる日下部が、図々しいし、憎ったらしくって(笑)名演技ですよね〜。


注目を集めるために、加熱した報道をやらざるを得なかった日下部の「大きなミス」のおかげで事件は解決しましたが・・・お母さんは帰ってこないのが悲しかったです。

 

同期の多田は、杏子に対してすごく親切ですけれども、それは友人としてのものなのか、それとも彼女に何かの想いがあるものなのか。

 

謎多き人脈豊富なパラリーガル・円香みちるも、壮一郎について非常に意味ありげなことを杏子に言ってきたり、1話では消化しきれないほどの伏線がはられています。

 

基本的にシリアステイストですが、杏子の携帯の着信音(お姑さんからの電話)がゴジラだったのが、すごく笑えました。姑さんがゴジラ的な感じなんですかね。

 


オリジナルの海外ドラマ版は未視聴なんですが、逆に新鮮な気持ちで見られるし、1話目からすごく面白かったので2話目以降も楽しみですね!!