そもそもウチには芝生がないネタバレ結末ブログ

漫画「そもそもウチには芝生がない(たちばなかおる作)」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

そもそもウチには芝生がない ネタバレ結末 第12話 たちばなかおる

たちばなかおる作の漫画「そもそもウチには芝生がない」の第12話のあらすじネタバレです。

前回、一平からルームメイトの女性を紹介されたスミ。

ふたりはあくまで「ただのルームメイト」と言い張るけれども、家族以上に親密でスミは「アウトォォ!」と叫んでしまいましたが・・・

第12話のネタバレ

ぬぐいきれないモヤモヤ感


編集として原稿を受け取りにきた一平に、「なっちゃんもスミさんのこと、すごく気に入ってくれたみたいです!」と報告され、なんだかモヤモヤしてくる。

親でもない、姉でも妹でもない存在にここまでべったりしている一平が、なんだか気持ち悪いのだ。



一平は自宅からDVDをもってきたので一緒に見ませんか、と言う。

だがそのDVDも「なつめ」の所有物。

次第にイライラしはじめるスミに、一平は気づいてくれない。

靴下が許せない!というスミの理論


「わかった、靴下だ!」

心のなかに溜まっていくモヤモヤとイライラの正体が、スミの中で判明した。

ほかの女の着たものと一緒に洗濯された靴下を履いて、自分の家の廊下を歩いている一平が、なんだか気持ち悪いのだ。



靴下がイヤかも、と言われて「毎日履き替えていますけど!?」と、清潔ですアピールする一平だったが、スミと噛み合っていない。

「ごめん、もう今日は帰って」

スミはさっさと彼を追い出してしまった。

夫に浮気を疑われる


その後、すぐに珍しく夫が帰ってきた。

「着替えを取りに来た」

とだけ、無愛想で「おまえ、浮気してるだろ」といきなり言う。



そして自分が昼夜問わず働いてるのにいい身分だな、と嫌味を言って「そっちこそ浮気してるの知ってるんだから!」と言い返すスミ。

だが夫はそっけない態度で「してねえよ」と否定し、さっさと出て行ってしまう。

逆ギレしてしまうスミだったが・・・


第12話の感想


すごくいい人!というポジションで登場した編集の一平くんでしたが、次第に彼とスミとの間に大きなミゾができていきます。

まったく悪気がないのはわかるんだけど、これがジェネレーションギャップ、というものでしょうか。



不思議なくらいに噛み合わず、ふたりの会話がすれ違っています。

何が悪いのかわからないまま、「靴下が嫌」と追い出された一平。



そして帰宅してきた旦那に浮気を逆に疑われ、さらに旦那自身は浮気を否定。

しちゃかめっちゃかな状態な小野寺家です。

次回、新潟へ嫁入りしようと張り切っていたマキが、「もうだめぇ」と泣きながら乱入してきます。

 

第13話の感想

www.somosmo.com