そもそもウチには芝生がないネタバレ結末ブログ

漫画「そもそもウチには芝生がない(たちばなかおる作)」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

女の欲望 百物語(漫画)1巻1話のネタバレ感想 森田智

森田智先生の漫画「女の欲望 百物語」は、幸せを求める女性たちの心に潜む欲望を描いた物語です。

もっと綺麗に生まれていたら・・・見た目だけで判断されてきた人生を送ってきた沢口エリカが「幸せ」になるために選んだ手段とは?

 

こちらでは第1巻「キレイになりたい!」1話のネタバレ感想をご案内します。

女の欲望 百物語「キレイになりたい!」1話のネタバレ

寿退社直前にやってきた元同級生

もうすぐ見合いで知り合った男性と結婚し、寿退社になる予定の、30目前のOL・沢口エリカの会社に、高校の同級生だった岡林一生が入社してきた。

いい大学を出て石油会社に入り、エリートコースを歩んでいたはずの彼がなんで・・・と驚くエリカ。

 

高校時代、ふたりはトップの成績を競い合うライバルだったが、エリカは家庭の事情で進学できずに5流会社のお茶くみをしていたのだった。

 

エリカのコンプレックス

 

なぜ優秀だった彼がこんな会社にきたのかと、怒りさえ覚えるエリカは「もしあたしが一生だったら、そんな馬鹿なこと絶対しない!」と一生に怒鳴った。

 

だが、一生の価値観は家庭を大事にできる人生を歩むこと。だから、エリートコースを捨てて、残業なしのこの会社に入ったのだという。

学歴もなく、デブでブス、もう若くもない自分は選択肢すらなかったのに・・・と悔しさでいっぱいになる。

 

もしもキレイになれたら

 

エリカの後任になる三田村が入ってきたが、彼女は若くで美人。

「あたし、美味しいもの好きなだけ食って肥え太ってるやつ、軽蔑します」

と言い放つ嫌な女。

 

でも、世間が「容姿」で態度を変えることをさんざん知っていたエリカには言い返せない。

一生に「人生それでいいのか」と言われ、自分の本当の幸せを見つけるために「もしもキレイになれたら」と思い始める。

 

今みたいなデブでブスじゃなく、キレイな女性に生まれ変われたら、周りがどう変わるのか知りたい、と・・・

 

※つづきは本編でどうぞ!

 

女の欲望 百物語「キレイになりたい!」1話の感想

 

お見合いで愛もなにもない相手と結婚してしまうつもりだったエリカでしたが、高校時代の同級生・一生が突然現れたことで人生の岐路に立たされます。

一生がやってきたのは偶然ではなく、きっとエリカのことが高校のときから好きだったから、なんでしょうね。

 

一生自身はイケメンで、本当は優秀なエリート男性ですが、女性の見た目に惑わされない性格。そして愛情に満ちた、家族を大事にする家庭を夢見ており、エリカをからかいながらも真剣な目で彼女を見つめていました。

 

エリカはコンプレックスのかたまりで、かなりの巨体に黒縁メガネのドブス。頭はいいけれども、家庭の事情で大学にも行けず、容姿のせいで受けも悪くて能力を発揮できないままでいました。

そんなエリカがただひとつ望んだこと。それは「キレイになりたい!」で、2話目では大変身したエリカが今までとまったく違う世界を体験していく流れになっています。

 

でも、それはいいことばかりではなく、キレイになったことの弊害もあって・・・つづく。