そもそもウチには芝生がないネタバレ結末ブログ

漫画「そもそもウチには芝生がない(たちばなかおる作)」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

育児しんどいマンガ ネタバレ 第3話 イヤイヤ期 爽田するめ

爽田するめ作の漫画「育児しんどいマンガ~もうママって呼ばないで~」の第3話 イヤイヤ期のあらすじネタバレです。

急になんにでも「イヤ!」と言うようになってしまった息子。これって噂の『イヤイヤ期』なの!?というお話です。

第3話 イヤイヤ期のネタバレ

息子の「イヤ!」が始まった


「お天気いいね、散歩にでも行こうか?」

と言ったするめさん。

すかさず息子が「イヤ!」と全身で拒絶してきてびっくり。

最近やっと「ママ」と話せるようになって喜んでいたのに・・・



夫に「最近おかしくて」と訴えても「気のせいじゃない?」と軽くいなされる。

でも、おむつ替えようとしても「イヤ!」、食事をさせようとしても「イヤ!」。

『イヤイヤ期』に入ったのか


嫌だと言ったのに、やはり散歩に行きたそうな様子を見せる息子と、公園にでかけるするめさん。

「機嫌、なおったみたいね」

と思ったのはつかの間で、公園につくなり「イヤ!」と1秒で帰りたがる。



なんなんだろう、これ・・・とネットで調べると、1〜2歳の間になんでもイヤイヤしてしまう『イヤイヤ期』というものがあるらしい。

反抗期とも違うらしいが、扱いに困る。

夫は最近仕事で疲れており、話しかけても生返事でスースー寝てしまう。

子供を愛せないわたし!?


いくらイヤだと言われても、一歳半検診は絶対に受けなければならない。

するめさんは準備して息子を連れて出かけた。



「いやぁぁ〜!」

と泣いて嫌がり拒否、逃げようとする息子を追いかけ回し、保健センターでカウンセリングを受けた。

「育児でお困りのことは?」

と言われたので、今の大変さを訴えかけたものの「みんな大変なのよね」と返され、お母さんの声掛け次第で子供は変わるからもっと共感して、感情は抑えてと言われただけ。

理性ではわかっていても、言ってもらいたい言葉はそれじゃなかった。

「ママだってイヤイヤ言いたい。夜は眠りたいし、おしゃれだってしたい。
家事なんて嫌い。ホントは仕事も続けたかった」

今まで押さえつけてきた不平不満が溢れ出しそうになり、言うことを聞かない子供にぶつけそうになる。



「何もかも、あんたのため、全部我慢してんじゃん」

相当怖い顔をしていたのだろう。

「ママ?」

と戸惑った息子の表情を見て、ハッとする。

どうしよう・・・わたし、子供を愛してないかもしれない、と。

第3話の感想


優しい子供を愛するママになりたいと思っていたのに、理由もなく「イヤ!」としか言わない子供にイライラしてしまうするめさん。

夫も昇進して仕事が忙しくなり、おつかれでイマイチ話を聞いてくれず、カウンセラーも「お母さん」に何もかも責任があるのだから、母親なんだから、とプレッシャーをかけてくる。

「みんな大変なんだから」って、結構嫌な言葉ですよね。

意訳したら、「あなただけが大変なわけじゃないんだから、文句ばっかり言わないでしっかりやんなさい」ってことですよね。

愛そうと頑張っているのに、肝心のその子から「イヤ!」と拒絶されれば頭にくるのも仕方ないと思います。

そんな自分のイライラに気づいて、「ごめんね」とさらに自己嫌悪に陥るするめさん。母親って、ツライ・・・