そもそもウチには芝生がないネタバレ結末ブログ

漫画「そもそもウチには芝生がない(たちばなかおる作)」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

そもそもウチには芝生がない ネタバレ結末 第1話たちばなかおる

大人気子育てコミックエッセイ作家・たちばなかおるの最新作「そもそもウチには芝生がない」は、泣いて笑ってしまうアラフォー女性の「あるある」感満載の人生劇場漫画です。

第1話では、作者本人を移植したようなキャラ・小野寺スミ(漫画家で、3人の男の子の母親、三男がダウン症、夫に浮気の影があるという設定)の日常が綴られています。

第1話 小野寺スミ(43)のネタバレ

育児に忙しすぎる漫画家主婦


漫画家の小野寺スミは43歳。加齢を感じる年齢だが、小4、小2、年中さんの3人の男の子の母親でもあり、忙しすぎる毎日を送っている。

白髪、プレ更年期・・・なんて言ってられない。


長男の一馬はひっきりなしに「学校で使うもの」を用意しろと言ってくるし、しかも落ちこぼれで生意気な反抗期。

次男の勇介はやたらと偏食で野菜はだめで、ジャンクフードばかり欲しがる。こちらも結構生意気。



三男の圭太は5歳で、ダウン症のため成長がゆっくり。まだトイレトレーニング中で、言葉もうまく話せない。

「ママぁ、チー」

と言われ、トイレことかと思いきや「チーズが食べたい」様子を見せたのでチーズを与える。が、やはりおもらしをしてしまう。

浮気の影がある夫


家庭内はもはや戦場で、猫の手も借りたいほどだったが、ほかに頼れる人はいない。

旦那はデザイン事務所を経営しており、仕事は忙しく週4日はオフィスに寝泊まりしている。

自宅にいない夫をあてにはできず、家のことな何もかもスミ任せだった。

しかも、夫はどうも浮気をしている様子がある。


同窓会へのお誘い


スミには友達がいた。

同級生だったマキと恵子とは、今でも友達だ。

忙しいながらも、スマホにSNS経由でメッセージがくるので合間にチェックしている。



同窓会のお誘いの知らせが届いたが、

『仕事もあるし、子供はあずけられないし、ダンナは浮気してるっぽいし』

忙しくて、他人の幸せ自慢を聞きに行く気になんてなりゃしない、と断りの返事をいれた。


するとマキと恵子からレスがついて、

『ダンナもスミにおけませんなー』

などと書いており、「どいつもこいつも腹立つ!」とご立腹。

第1話の感想


一応、架空のキャラということになっている小野寺スミさんですが、これってまんま、たちばなかおる先生のことですよね!?

たちばなかおる先生の実話コミックエッセイ「ユンタのゆっくり成長記 ダウン症児を育てています。」という別作品もありますが、スミさんの生活そのものです。



肝っ玉母さんみたいなキャラで、なまじ仕事もなんでもガツガツこなせるがゆえに家のすべての負担を背負わされる・・・というアラフォー主婦の悲哀を感じます。

アラフォーになると、体力がすごく落ちますよね・・・読んでいて「うん、そうそう」と老いを感じてしまう瞬間や、20代のころには大丈夫だったことが翌日疲労でいっぱいになってしまったり、といったことを思い出してしまいました。



ただでさえ体力の衰えを感じるのに、仕事しながら元気いっぱいの3人の男の子のお母さんになる、というのはどんだけハードモードなのか。

スミさんがどうやって乗り越えていくのか、楽しく読ませてもらっています。つづく。

 

>>「そもそもウチには芝生がない」続きを読む

 

第2話の感想

www.somosmo.com

そもそもウチには芝生がない ネタバレ結末 第2話たちばなかおる

たちばなかおる作の漫画「そもそもウチには芝生がない」の第2話 三笠マキ(43)のあらすじネタバレです。

前回のスミさんの元同級生で、スマホから同窓会の連絡をするところから始まります。

第2話 三笠マキ(43)のネタバレ

独身で年下の彼氏と同棲中


スミと恵子に、今度開催される同窓会の連絡をするマキ。

カップ麺のブランチを食べた彼氏・30歳の良ちゃんは「同窓会? 7月なら行ってくれば? オレ、リゾートバイトで沖縄だし」と快く送り出すよ、という。

返信が来ると、恵子は義理の母の介護があるし、スミは3人の育児と仕事で手一杯だから行かないとわかる。



「友達ふたり来ないんじゃ、ツライよなあ。みんなまともな仕事してるだろうし」

マキは18歳のときからずっと、水商売をやってきていたし、彼氏はヒモ同然で定職についていないその日暮らしのうえに結婚予定もナシ。

はっきり言って甲斐性のない男だが、マキにとって40代の女のさみしさを埋めてくれる人には月10万円払う価値があったので、満足していた。

昔のお客さんと再会


もう若くはないので、水商売と言っても熟女向けの店でマキは働いていた。



ところが、ある日若い頃のお客さんと再会してしまう。

「しをんちゃんだよね!六本木の? 20年ぶりくらい?」



うんと若くてピチピチだったころに会ったお客さんの登場に、内心引くマキ。

「いまはしをんじゃなくて・・・『のりまき』です」

最年長なので、あまり浮いた名前を使わなくなったのだった。


自分の年齢を思い知らされる


「変わってないなあ、彼氏とはつづいているの?」

そう尋ねてきたお客だったが、そんなものはとっくに別れていた。

自称アーティスト、さすらいの歌人、奇跡のデイトレーダー、とろくでもない男とばかり付き合ってきたマキ。



でも、彼氏はギリギリ見た目年齢30代と言ってくれるし、まだ私もイケるはず・・・

そう思って六本木にいた頃を思い出し、シュリンプをぶりっこしておねだりしてみたマキ。

「ワタシ、これだーいすき♡ ひとついただいていいですかぁ」

だが、マキは気づいていなかった。


ハタチの娘がやればかわいくても、四十の女がそれをやるにはとてもイタイことだと・・・



「もうそういうのはやめたほうがいいよ」

若さにしがみつくのは、みっともない、と言われてしまう。

良ちゃんに癒やされる


自宅へ帰り、自己嫌悪におちいるマキ。

もう若くない、貯金もないアラフォー・・・彼氏はさらに何も考えていないし、結婚など無理。

良ちゃんは案の定、お金スッっちゃったから、今月の家賃は待って!という体たらく。



店から持ち帰ったシュリンプを出して「わたしがこのエビ、パクっと食べたらどう思う?」と聞いてみる。

さっきのお客のように、「もう若くないんだから」と言うだろうかと。



「ハイ、あーん」

でも、良ちゃんはシュリンプをマキに食べさせてくれて・・・


第2話の感想


典型的なダメンズ好きの女性、マキは若い頃からずっと「自称・ナントカ」なアーティスト系の男と付き合ってはすぐに別れるを繰り返してきて、いまだに独身。

さらに貯金もなく、今の彼氏は輪をかけて将来性もなく、むしろ自分にタカってくるくらい頼りない男性。



ハタチのころは若さで乗り切ってきたけれども、久しぶりに再会したお客さんから「もう俺たち、若くないんだよ」なんて言われてしまい、気分が真っ暗になってしまいます。

でも今の彼氏も、根っから悪い人ではなく単純でたまーに孤独から救って癒やしてくれる存在になっています。

将来のことばかり考えると落ち込むけれども、日々を頑張って生きるのも素敵なことではないかと・・・つづく。

第3話の感想

www.somosmo.com

そもそもウチには芝生がない ネタバレ結末 第3話たちばなかおる

たちばなかおる作の漫画「そもそもウチには芝生がない」の第3話 千葉恵子(43)のあらすじネタバレです。

単身赴任中の夫がいる恵子は、認知症がかってきた姑の介護をしながら暮らしています。

ところが最近、姑の言葉がキツクなってきて・・・

第3話 千葉恵子(43)のネタバレ

認知症の義理の母の介護をする妻


夫の太一は単身赴任をしており、帰ってくるのは週末。



義理の父はすでに他界しており、今は恵子が義母の面倒を見ていた。

やや認知症の兆候があらわれてきており、何度も同じ話を繰り返したり、時折思いもかけないことを言い出すようになってきた。



朝ごはんの支度、天気のいい日にはお布団も干してあげる。

これまでの義母と恵子の関係は、とてもなごやかなものだった。

義母の言動がちょっとオカシイ


だが最近、義母の言動が妙にキツく、風当たりが強くなってきた。



認知症っぽく何度も、

「同窓生がシンガポールへ旅行した」


「私たちもみんなで旅行に行きたい」


「太一じゃ公務員なんだから、結構稼いでるんでしょ」

この話を繰り返し、そのたびに「そこまでの余裕がないんですよー」とかわしていた。



それなのに義母は急に、

「ケチケチしないで不妊治療でもなんでもして、子供を産めばよかったのに」


「孫の顔が見られないなんてわかっていたら、無理して大学に行かせなかった」


「あんたなんて仕事も子育てもせず、一生夫に食わせてもらう気なんだろ?図々しい!」

と今まで一度も言わなかったような暴言を吐くようになってしまったのだ。

ショック!悔しくてたまらない


同じ言動を繰り返すパターンに、新たなパターンとして最悪のものが加わってしまった。

恵子は少なくとも、自分の貯金をはたいて不妊治療していたし、いろんな努力をしていた。



「ケチケチしたのは誰の息子だよ!」

お金がかかるからいいよ、と言ったのは、当の太一本人だ。



「160万円!返せ、バッキャロー!!」

馬のレース場で泣いて叫んだ恵子の言葉を誤解した、周りのおじさんたちが「大丈夫?」と慰めてくれた。


第3話の感想


恵子さんって、本当にいいお嫁さんですね。夫は単身赴任で家を妻に任せ、認知症の兆候があるお姑さんの面倒も嫌がらずしっかり見ています。

夫の太一との間には子供が生まれず、恵子さんは気にして自分が独身時代に貯めた貯金を全部使ってしまいました。

それなのに義理の母からあんなことを言われたら、悔しいし悲しくってたまりませんよね。



「出てっていいなら速攻出るわ! あんな居心地悪い家!!」

妻として、最大限に尽くしてきたのにこの扱いはナニ!? と怒ってもしょうがないです。


で、恵子さんの唯一のストレス解消法?は、レース会場で思いっきり大声で叫ぶこと(笑) 


普段真面目な人ほど、溜まっているものがありますから、どこかにはけ口が必要です。

主婦の逃げ場って本当にないんですね・・・恵子さんがなまじいい人なだけに、気の毒でした。

第4話の感想

www.somosmo.com